2017年05月23日

この出入口段差(35.5cm)は大きい

この出入口段差(35.5cm)は大きい。鋼製樹脂被覆踏み台を取付け。この段差では2段は必要。

P1110932.JPG

P1120224.JPG

2017年05月19日

手すりが無くても壁に手を添えての移動は出来なくもないが

手すりが無くても壁に手を添えての移動は出来なくもないが、襖や塗壁ではそうはいかない。今回は襖に面するのところは、木製手すりではなく鋼製樹脂被覆パイプ(木目調)を取付け。

P1110415.JPG

P1120023.JPG

2017年05月13日

自宅で転倒を繰り返す

自宅で転倒を繰り返す方の家族よりの依頼で、手すりを延長。このような手すりは原則、掴み替えることなく連続した手すりにしたい。

P1110314.JPG

P1110313.JPGP1110874.JPG

P1110879.JPG

2017年05月02日

便座の床からの高さ(41cm)が低い

便座の床からの高さ(41cm)が低いので立ち座りが負担、ということで便器と便座(オート便器洗浄機能付)を取替えて便座高さを45.6cmにした。ちなみに既設便器は補高便座が取付けられないタイプ。手洗いは予算の都合上、手洗い付タンク。 ※「入院中(倉敷中央病院)に利用した車いす用トイレの便座高さが丁度良い」ということで、その高さに近い便座高さになっている。


P1100555.JPG

P1100654.JPG

P1110392.JPG

P1110393.JPG

2017年04月27日

室内の移動も歩行器を使用されている方の小便器前

室内の移動も歩行器を使用されている方の小便器前に姿勢保持のために掴む横手すりを取付ける。手すりの色は既存にあわせている。

P1110382.JPG

P1110729.JPG

2017年04月18日

自力での移動には杖が必須

自力での移動には杖が必須の方のトイレまでの手すり。壁下地が心許無いので補強板を取付け。

P1110188.JPG

P1110577.JPG

2017年04月05日

和式トイレから洋式トイレにリフォーム

和式トイレから洋式トイレにリフォームされた数年後の今回、「横手すり+L型手すり」を取付け。手すりの色は既存の手すりに合わしている。

P1100609.JPG


P1110007.JPG

2017年03月21日

2017年03月10日

浴槽への出入他

浴槽への出入他の際に掴むL型手すりを取付け。浴槽廻りには既設手すりあり。

P1090484.JPG


P1100268.JPG

2017年03月03日

階段を降りる際が怖い

階段を降りる際が怖い、と階段手すりの取付依頼される方は大方そういわれる。今回、降りる際に左手でしっかり掴める手すりを取付け。

P1090489.JPG

P1090490.JPG

P1100301.JPG

P1100305.JPG

2017年02月27日

勝手口の出入の際に掴む手すり

勝手口の出入の際に掴む手すり取付け。ちなみに出入には見守り・一部介助あり。手すり棒はアルミ製樹脂被覆パイプ。

P1090426.JPG

P1100273.JPG