2017年03月21日

2017年03月10日

浴槽への出入他

浴槽への出入他の際に掴むL型手すりを取付け。浴槽廻りには既設手すりあり。

P1090484.JPG


P1100268.JPG

2017年03月03日

階段を降りる際が怖い

階段を降りる際が怖い、と階段手すりの取付依頼される方は大方そういわれる。今回、降りる際に左手でしっかり掴める手すりを取付け。

P1090489.JPG

P1090490.JPG

P1100301.JPG

P1100305.JPG

2017年02月27日

勝手口の出入の際に掴む手すり

勝手口の出入の際に掴む手すり取付け。ちなみに出入には見守り・一部介助あり。手すり棒はアルミ製樹脂被覆パイプ。

P1090426.JPG

P1100273.JPG

2017年02月22日

寝室からトイレまでの動線(廊下)

寝室からトイレまでの動線(廊下)に横手すり取付け(取付け高さ80cm)。

P1090752.JPG

P1100223.JPG

2017年02月18日

歩行器を利用する方のご自宅庭先

歩行器を利用する方のご自宅庭先。敷地と前面道路に段差の無いカーポートより出入するために、歩行器で玄関側とカーポート側をスムーズに行き来できるようコンクリート通路をつくる(通路幅80cm)。

P1090676.JPG

P1090673.JPG

P1100168.JPG

P1100171.JPG

2017年02月07日

開けっ放し状態の引き戸の敷居

開けっ放し状態の引き戸の敷居(高さ20mm)につまずきやすい、とのこと。敷居をアルミ製板(厚さ2mm)に取替える。

P1080903.JPG

P1080908.JPG

P1090978.JPG

P1090980.JPG

2017年01月30日

浴室への出入と浴槽から出る際に掴む

浴室への出入と浴槽から出る際に掴む縦手すりを取付け。取付け希望の位置は此処、といわれ動作確認してみると確かに此処が良いようだ。

P1080095.JPG

P1090634.JPG

2017年01月24日

浴槽への出入他

浴槽への出入他の際に掴む手すりを取付ける。

P1080419.JPG

P1080842.JPG

2017年01月21日

昇降の際に手を添えるところもない屋外階段

昇降の際に手を添えるところもない屋外階段には、手すりがほしい。

P1080572.JPG

P1090632.JPG

2017年01月18日

寝室からトイレまでの行き来

寝室からトイレまでの行き来の際、広縁を通るが手を添えるところがないため、歩行が不安定とのこと。障子側にスチール樹脂被覆パイプの支柱に手すりを取付ける。

P1080937.JPG

P1080934.JPG

P1090561.JPG

P1090553.JPG

2017年01月13日

勝手口前の緩やかな傾斜

勝手口前の緩やかな傾斜にある敷石を撤去し、コンクリートによるスロープにしている。

P1080617.JPG

P1090247.JPG

2017年01月10日

昭和の住宅(!?)のトイレ出入口

昭和の住宅(!?)のトイレ出入口は、床の水洗いやスリッパ着脱対応なのか敷居が高い場合がある。長年、住み慣れた住まいでの「敷居を跨ぐ」ことは、身体に染み付いた動作なのかもしれないが家族よりの要望で敷居を取替える。

P1080689.JPG

P1080678.JPG

P1090170.JPG

P1090172.JPG

2017年01月04日

杖使用の摺り足の方

杖使用の摺り足の方で、屋外での移動の際には介助が要る。ただ、介助があるとはいえ自身の身体を支えるために手で掴むものや添えるものが、やはり要るようだ。従来の凹凸面の敷石の動線ではなく、身体に負担の少ない最短距離の動線に手すりを取付け。

P1080449.JPG

P1090207.JPG